長岡技術科学大学
お問い合せ サイトマップ 学内用 ENGLISH
大学案内 学部・大学院情報 入試情報 組織 情報公開 本学へのアクセス

平成20年度高大連携事業(高校生講座、高校教員研修(前期))を開催しました
2008.08.06
高校生講座、高校教員研修(前期)(8月4日、5日)
 (科学技術振興機構(JST)「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)」採択

◆高校生講座
 高校生を対象に、本学の各分野の研究室における実験・実習の体験を通して科学及び技術に対する興味や関心を高めてもらい、また大学の教育研究の現状を積極的に情報提供し、今後の進路選択の一助としてもらうことを目的に、8月4日(月)、5日(火)の二日間にわたって前期コースが開催されました。
 前期コースには、69名の高校生が15研究室テーマに分かれて最先端の実験・実習等を行いました。

◆高校教員研修
 高等学校で理科教育に携わる教員の方々に、本学の研究室等において最先端の研究に実際に触れ、大学の教育研究の現状を把握し、さらに高校での理科教育が将来いかに役立つのかを体験していただくことを目的に、高校生講座と同時開催されました。
 前期コースには、新潟県内から9名の高等学校の理科科目担当教員が5研究室テーマに分かれて最先端の研究に触れました。

【開講式の様子】

高田副学長(高大連携担当)の挨拶

開講式の様子

【キャリア講演】

植松昌子さん(材料開発工学専攻2年生)

【高校生講座(前期)の様子】

テーマ:感性計測とロボット制御

テーマ:ロケット燃料を用いたプラズマ発電の実験

テーマ:電気の基礎を知る&パソコンの自作

テーマ:免疫組織化学法による特定タンパク質の検出

【高校教員研修(前期)の様子】

テーマ:野生動物学への誘い
−野生動物を通して環境問題を考える−

テーマ:蛋白質の形と安定性を調べる

テーマ:海底熱水環境下でのアミノ酸の重合
−生命の誕生を目指して−

テーマ:まるで生きているように動くタンパク質
高校生講座・高校教員研修(前期)に協力いただいた教員、技術専門職員(24名)(その他多数の学生にも協力いただきました)

機械系:東信彦教授、高田守昌助教
電気系:荻原春生教授、中川匡弘教授、原田信弘教授、武井由智准教授、齋藤和夫助教、坪根正助教、杉田泰則助教、鈴木常生助教、菅田敏則技術専門職員
物質・材料系:小林高臣教授、齊藤信雄准教授
環境・建設系:佐藤一則教授
生物系:渡邉和忠教授、福本一朗教授、本多元准教授、城所俊一准教授、内山尚志助教、霜田靖助教、山本麻希助教、今井栄一助教
経営情報系:中平勝子助教、高橋弘毅助教