2018年度テニュア・トラック教員(准教授又は講師)公募

【公募概要】
 国立大学法人長岡技術科学大学は、創立以来産学連携を積極的に推進すると共に、先端的科学技術分野で活躍しております。2007年度に旧科学技術振興調整費「若手研究者の自立的環境整備促進」プログラムに採択され、これまでに20名の産学融合特任准教授・特任講師をテニュア・トラック制度による教員として採用しています。 本学は今後もテニュア・トラック制度を継続して行うこととし、特に産学融合を積極的推進する産学融合特任准教授(又は特任講師)を2023年3月までの任期でテニュア・トラック教員として公募します。 採用されたテニュア・トラック教員は、本学内の産学融合トップランナー養成センターに所属し、独立した研究室の運営が認められます。研究室の立ち上げに必要なスタートアップ資金、研究費の優遇措置があり、さらに、組織運営に関わる業務負担の軽減により、集中して研究を行う環境が与えられます。中間評価および最終評価に基づき、テニュア教員への採用が決まります。なお、中間評価において、特に優秀であると評価された場合には、その時点でテニュア教員への採用が決定されます。

【募集分野】
   以下にあげる研究分野の中から、1名を国際公募いたします。  

区 分 研究分野
電気電子情報工学専攻 電気エネルギーシステム・制御工学分野と情報通信制御システム工学分野で、下記の研究領域に関連する分野。
主として以下の研究分野が望ましい。
(A):電気機器(回転機)、モータードライブ(モータ制御)、ロボティクス、メカトロニクスの分野とそれらの先端的研究
(B):IoT等を含めた広い意味での情報・通信ネットワークに関する分野の先端的研究、深層学習、機械学習などの人口知能分野の先端的研究
(C):(A)あるいは(B)の高度な融合研究内容

応募締切  2018年 6月29日必着

公募要領 応募申請書
 PDF  MS-Word  PDF  MS-Word
Invitation Application form
 PDF  MS-Word  PDF  MS-Word