終了したプロジェクト(平成19年度〜平成23年度)

目的・概要 期待される波及効果 人材の発掘・養成
システム
ミッション
ステートメント
産学融合特任
准教授・講師紹介

ミッションステートメント
 本人材システムでは、高い人材の流動性を確保するため、若手研究者には アカデミックキャリアアップ制とテクニカルキ ャリアアップ制を導入し、研究環境の安定化を図ると共に、テニュア採用教員には保障型年俸制を導入し、人材の一層の活性化を求めます。テニュア採用教員は中間時には若干名、最終時には計6名程度を目標としております。他4名程度は、テクニカルキャリアアップ制により、学外で安定的な職を得ます。中間時(3年目)には、新しい人事システムと評価システムについての全学的な意見聴取を行い、それらを本学に適用する際の問題点を洗い出します。終了時(5年目)には、学長裁量ポストの活用により本学に適用可能な人事システムの原案を作成します。本制度は、競争的資金の間接経費、寄附金、運営費交付金を充てることにより維持発展させます。これにより構築される革新的な人事システムは、優れた若手人材の発掘・養成のみならず、研究面で大きな技術科学的成果と産学融合を推進します。
TOP