大学案内

コンプライアンスの取組

長岡技術科学大学におけるコンプライアンスに関する取組について

国立大学法人長岡技術科学大学では、健全で適正な大学運営及び本学に対する社会的信頼の維持に資することを目的として、コンプライアンス基本規則を制定し、本学におけるコンプライアンスに関し基本となる事項を定めています。

○国立大学法人長岡技術科学大学コンプライアンス基本規則(PDF)

本学のコンプライアンスに関する推進体制等は、次のとおりです。

1 コンプライアンス推進体制

職名等 責務等
学長 ・本学のコンプライアンスに関する最終的な決定を行い、本学におけるコンプライアンスを維持、推進及び強化するための体制の整備その他必要な措置を講ずる。
役職員 ・本学の理念を実現するため、コンプライアンスの重要性を深く認識するとともに、高い倫理観及び社会的良識をもって公正、公平かつ誠実な職務の遂行に努める。
・他の役職員に対し、コンプライアンス事案を指示若しくは教唆し、又は他の役職員のコンプライアンス事案を黙認しない。
理事・事務局長 コンプライアンス統括責任者 ・役職員のコンプライアンスの啓発その他のコンプライアンスの推進等に関する具体的な対策を実行し、その状況を確認するとともに、学長に報告する。
各専攻長、基盤共通教育部長、各センター長 コンプライアンス推進責任者 ・当該専攻等に係るコンプライアンスの推進等に関する指揮監督及び管理を行う。
コンプライアンス室
コンプライアンス統括責任者(理事・事務局長)、総務部長、監査室長(学長戦略課長)、総務課長
・コンプライアンスに係る調査
・コンプライアンスの啓発
・コンプライアンス事案の防止
・その他コンプライアンスの推進等の対策

※コンプライアンスの推進等に関する重要事項は、役員副学長会議の議を経て、学長が決定する。

2 本学の研究不正に対する取組

本学の研究活動における不正対応と研究費の不正使用防止対応については、次のとおりです。

研究不正に対する取組

3 告発、相談窓口

本学では、不正行為に関する告発、相談窓口を次のとおり設置しています。

1.研究活動の不正行為(研究成果の捏造、改ざん、盗用)

2.研究費不正使用

3.ハラスメント

4.公益通報等(上記1~3を除く。)