新潟県作業工具組合とkawaii理科プロジェクトとのコラボレーション

2015.12.11

選考風景

選考風景2

 kawaii理科プロジェクトは、本学機械創造工学専攻 吉武裕美子助教を中心に学内プロジェクトとして立ち上げた、科学や技術に“kawaii”と融合して、一般市民が持つ科学・技術へのマイナスのイメージを変えていこうというプロジェクトです。現在、高専の先生や市民の方にも協力して頂き、その活動規模を拡大しています。kawaii理科プロジェクトでは、理科や科学、技術で使われる道具や工具をかわいくしようというデザインコンテストをしています。今年度は第2回目で、ドライバーやペンチといった工具のコンテストを開催しました。

 ご存知かもしれませんが、新潟県燕市、三条市は全国的にもそれらの作業工具の一大生産地ですので、新潟県作業工具協同組合という組合があります。そこで、プロの目から見たコンテストの作品を評価して頂けないかとお願いしました。なんとも図々しいお願いにもかかわらず、コンテスト審査員を引き受けてくださった上に副賞まで頂いちゃいました。とても真剣に審査して頂き、工具作りやデザインに関するお話を伺いました。私たちが好きな作品と同じものもあれば同じでないものもあり、観点の違いは非常に興味深かったです。今後も別の形でいろいろコラボレーションしていきたいとのご要望を頂き、工具やネジに関するサイエンスカフェでもやりましょう!と盛り上がりました。新しい地域と高専・技大の連携が生まれる可能性を秘めたプロジェクトだと改めて認識できました。

 なお、コンテストの詳細はkawaii理科プロジェクトのホームページをご覧ください。