技術者教育モデルの整備

日墨協働による技術者教育モデルの概要

日墨協働による技術者教育モデルを構築するにあたり、学生・教員の交流を活発化し、
教育プログラムの充実、技術者教育教材の開発、安全管理体制の整備などの取組を推進します。

基盤整備

  • 「日本語/スペイン語で学ぶ工学の基礎」等の
    技術者教育教材の開発
  • 現地コーディネーター、現地日本語教員等を活用し、
    安全管理体制・危機管理体制の強化

技術者教育モデルの構築に向けた取り組み内容の具体例

教育の質保証のための取組

  • 既に日本の高専にて作成されている
    高専モデルコアカリキュラムをもとに、
    メキシコの教育課程の編成を支援

  • メキシコでの教育の質の向上のため、
    日本から高専教員派遣、及びメキシコから
    教員受入による指導・助言

  • 高専生のTA派遣により、
    学生同士による高専教育の学習サポート

  • メキシコの高専コースとの単位の相互認定や
    成績管理の実現

  • 技術者教育にあたり、既に製作済みの
    「日英西工学用語辞典」を活用するとともに、
    「日本語・スペイン語で学ぶ工学の基礎」等の
    技術者教育教材を専門分野ごとに順次製作

  • 大学院での単位互換制度の整備

外国人留学生への適切な教育環境の提供

  • 長年にわたる実務訓練制度の経験をもとに、
    メキシコからの留学生全員にインターンシップを実施

  • 国内インターンシップ先企業の充実

  • 外国人留学生のための支援体制を強化
    (ツイニング・プログラムにて在籍している
    メキシコ人学生を活用)

  • メキシコの高専コースとの単位の相互認定や
    成績管理の実現

  • メキシコでは、自動車産業等が急速に発達しており、
    実践的・指導的技術者の養成が期待されていることから、
    日本企業のものづくりや研究開発の実際を
    体験できる機会を提供

  • 開発する教育教材を活用し、
    トライリンガル(日本語、英語、スペイン語)な学生を育成