NEWS

 

メキシコへの実務訓練派遣を開始しました。

 平成28年8月及び9月より、今年度メキシコ(モンテレイ大学、グアナファト大学)で海外実務訓練を行う5名の学生が日本を出発しました。
 実務訓練は、本学の第4学年で大学院修士課程進学予定者に第2学期の教育課程で8単位の実務訓練を必修科目として履修させて、約5ヶ月間、企業等の現場で実務を行い、これによって得られた成果をもとに、大学院修士課程での研究テーマや職業への基礎的な認識を経験させ、将来の技術の創造展開に大きく役立たせようとするものです。
 本事業においては、現地の連携大学で行われる日本語授業でのティーチングアシスタント(TA)業務や、現地企業での実習等を行います。
 学部課程の集大成として、5ヶ月間の長期にわたるメキシコ滞在及び現地学生との交流等を通じて、語学能力・国際感覚を備えた実践的技術者への成長が期待されます。


企業実習の状況(H27) 日本語TAの実施状況(H27)