本事業の目的と概要

事業の目的

高専―技科大 教育システムをメキシコへ展開する図のイメージ長岡技術科学大学と高等専門学校(高専)の共同により、15歳に始まる実践的技術者教育プログラムを構築してきたところですが、この高専から長岡技科大へとつながる一連の教育プログラム(高専-技科大教育システム)をモデルとして、 初の海外展開(メキシコ(墨))を図り、日墨の懸け橋となる技術者を養成することを目的として事業を推進します。

国際協働技術者教育モデルの整備

メキシコとの協働により、高専-技科大教育システムを日墨の学生が往来する国際協働技術者教育モデルとして整備。

世界で活躍する実践的・指導的技術者の養成

日墨双方の学生が数度にわたる海外経験を通じて、地球規模での課題解決の重要性を認識し、世界で活躍できる実践的・指導的技術者を養成。

技術者教育教材の開発

両国の懸け橋となるトライリンガルな技術者を育成するため、日墨双方の学生の学修を支援する日本語・英語・スペイン語の技術者教育教材を開発。