研究・技術開発

産学官・地域連携/知的財産本部

国立大学法人長岡技術科学大学 産学官・地域連携/知的財産本部

1.設置年月日

平成17年4月1日

1.設置の経緯

  平成16年4月の法人化を契機として,研究成果等の産業界等への積極的な発信・還元を通じた経済社会発展への寄与は,大学の使命として益々その重要性が増大すると同時に,知的財産の法人独自の方針/判断に基づく管理・運用といった,これまでにない運営課題への対応の必要性も生じてきました。

  これらの諸課題に対応するために,狭義の産学官連携活動と知的財産創出活用活動とを統合的,かつ機動的に推進することを通じて,法人化後の大学間競争に打ち勝つとともに,経済社会の発展に寄与することを目的として,学内組織を再編成し,長岡技術科学大学テクノインキュベーションセンター(NTIC),技術開発センター及び知的財産センターの3センターを統括する産学官連携・知的財産本部を平成17年4月に設置しました。

  なお、平成19年4月から名称を産学官・地域連携/知的財産本部としました。

3.設置の目的・意義

  1. 産学官・地域連携活動に関するこれまでの長い伝統と良さを保ちつつも,学内関連組織間,関係者相互間の情報共有・連携強化・機動性向上。
  2. 本学の産学官・地域連携及び知的財産活動(以下「産学官連携活動等」という。)を,学内外からより判り易く、より一層充実したものとすること。
  3. 機関帰属となった発明や特許の産業界への技術移転機能の強化。
  4. 本学の産学官連携活動等の基本方針の審議・決定。
  5. 本学の産学官連携活動等に関する諸問題等の意思決定等。

4.組織図

組織図

長岡技術科学大学テクノインキュベーションセンター 技術開発センター 知的財産センター

  • ※関係会議:産学官・地域連携/知的財産本部連絡調整会議
  • ※図中の各センター標記をクリックすると、各センターのホームページをご覧いただけます。

5.規程関係