研究・技術開発

平成29年度長岡技術科学大学 公開講座

平成29年度長岡技術科学大学 公開講座1

日本人のケガ
講座概要   交通事故、労働災害、学校や家庭内での事故など、日本人は年間どのくらい不慮の事故によりケガをしているのでしょうか?
  ケガの原因、発生場所、年齢別・性別の内訳など、様々な切り口から日本人のケガの全体像を探ります。
講師 理事・副学長 三上 喜貴
日時 10月28日(土) 13時~14時(1時間)
会場 長岡技術科学大学 講義棟講義室205
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月23日(月)

平成29年度長岡技術科学大学 公開講座2

製品事故に学ぶ―分からない、怖い
講座概要  

近年、子供や高齢者に特有な製品事故が増加しています。
 家の外だけではなく、家の中の事故も大きな割合を占めています。
 本講座では家の中の製品事故事例についてわかりやすく紹介し、消費者らが自ら主体的に行動して安全なくらしいを送ることに役立てることができます

講師 原子力システム安全工学専攻 特任講師 張  
日時 10月28日(土) 14時15分~15時15分 (1時間)
会場 長岡技術科学大学 講義棟講義室205
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月23日(月)

平成29年度長岡技術科学大学 公開講座3

AIを使って事故データを分析しよう!

講座概要  

近年、人工知能(AI)に関する技術が急速に発展しています。
 AIを使用することにより、数値データをはじめ文書・音声など多種多様なデータから特徴的なパターンを抽出することが可能となっています。
 一方、安全分野においては、事 故レポートより特徴抽出を行うことができれば、安全教育や製品開発に役立ちます。
 そこで、本発表では、AI技術の概要を分かりやすく説明したうえで、発表者らの研究グループで開発を進めている事故レポートを対象にした各製品事故の特徴抽出手法を紹介します。

講師

情報・経営システム工学専攻  講師  野中 尋史

日時 10月28日(土) 15時30分~16時30分 (1時間)
会場 長岡技術科学大学 講義棟講義室205
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月23日(月)