平成24年度長岡技術科学大学 公開講座1

新潟県液状化しやすさマップの活用
講座概要   国土交通省北陸地方整備局で新潟県内の液状化危険度マップを作成しました。新潟県は1964年の新潟地震、2004年の中越地震、2007年の中越沖地震と繰り返し液状化被害を受けています。2011年には東北大震災で広範囲で液状化被害が発生し、液状化被害への備えや防災対策が喫緊の社会問題になっています。液状化しやすさマップ作成の基本的な考え方を説明し、どのような地盤で液状化が発生するのか、どのような対策が有効か、液状化マップ作成に携わった立場から活用方法を解説します。
講師 環境・建設系教授 大塚悟
日時 9月1日(土) 13:00~15:00
会場 長岡市中央公民館 401教室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 8月22日

 

平成24年度長岡技術科学大学公開講座 2

省エネルギー社会の未来を照らすLED照明
講座概要   世界中で照明のために消費される電力量は総電力消費量の約20%と言われています。白色発光ダイオード(白色LED)による照明は日本で開発された照明で、長寿命・小型・低電力という特長を持つことから次世代省エネルギー照明として、近年急速に普及し始めています。
  この講座では、光と色の見え方の関係から、電気を光に変換する発光ダイオード(LED)、LEDの光を様々な色に変換する蛍光体の仕組みについて、実演を交えつつ分かりやすく説明します。
講師 電気系 准教授 加藤有行
日時 9月8日(土) 13:00~15:00
会場 長岡市中央公民館 401教室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 8月29日

 

平成24年度長岡技術科学大学公開講座 3

生物を動かすミクロなしくみとエネルギー

講座概要  私たちの筋肉には、タンパク質のミクロなしくみが用意されています。現在、これらのタンパク質一つ一つの動きを、リアルタイムで実際に観測することができます。これらの動きを実際に見てみましょう。そして、ATP(アデノシン三リン酸)という分子の持つ化学エネルギーを使って生物が動くしくみについて、一緒に考えてみましょう。講座では、地球上のあらゆる生物が利用している、このATPのエネルギーの秘密についても解説します。生物運動のミクロな世界をぜひのぞいてみてください。
講師 生物系
教授 城所 俊一
准教授 本多  元
助教 今井 栄一  
日時 10月13日(土) 13:00~15:00
会場 まちなかキャンパス長岡 301会議室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月3日

 

平成24年度長岡技術科学大学公開講座 4

安全の基礎
~安全を理解するために歴史・法律・国際動向の三つの切り口で考えます~
講座概要

 昨今、いろいろなところで盛んに安全の議論が行われています。でも、「安全てなに?」ということをあまり意識しないで考えていませんか。しっかり安全を定義して議論しないと、言い放しで終わってしまいます。これでは、得るものが少なくなります。
  そこで、技術の安全について、歴史的な面、法律的な面、国際的な安全の考え方の三つの切り口からお話しします。
  今回お話しするものが、ただ一つの正しい「安全」ではありません。しかし、一度基本に戻って安全の議論をするきっかけになることは間違いありません。ご一緒に、安全について考えてみましょう。

講師 システム安全系
  教 授 三上 喜貴
  教 授  福田 隆文
  准教授 岡本満喜子
日時 10月20日(土) 13:00~16:30
会場 長岡市中央公民館 401教室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月10日

 

平成24年度長岡技術科学大学 公開講座5

光と磁気の話
〜究極の3Dテレビを目指して〜

講座概要  磁石は光の状態を変化させる性質があります。そのため、磁気を光によって調べたり、磁気によって光をコントロールしたりすることができます。この性質は、光通信に必要不可欠な光アイソレーターの他、パソコンのデータや音楽を記録する光磁気(MO)ディスク、ミニディスク(MD)などに応用されてきました。最近では、目に見えない磁気を可視化する技術を利用した非破壊検査技術や、究極の3D技術であるホログラフィーを利用した次世代3Dテレビへの応用が期待されています。本講座では、光と磁気について解説をするとともに、光と磁気が関わる最先端技術について紹介します。
講師 物質・材料系 准教授 石橋 隆幸
日時 11月10日(土) 10:00~12:00
会場 長岡市中央公民館 401教室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 10月31日

 

平成24年度長岡技術科学大学 公開講座6

滑らない話
~くらしの中の摩擦とその有効利用~

講座概要

 摩擦は私たちの普段の生活と密接に関わる物理現象です。例えば、われわれが歩けるのは靴と床との間の摩擦があるからですし、家が建てられるのも木と釘の間に摩擦があるからです。このような有益な面がある一方、摩擦があると不便なこともあります。例えば、サッシが開きにくくなるのは窓とレールとの摩擦が新しいときよりも大きくなるからですし、ドアを開くときに異音がするようになるのには蝶番の部分の摩擦が大きく関係しています。
 本講座では、みなさんの身の回りで起きている摩擦現象の中からいくつか採りあげ、その仕組みをわかりやすく解説します。

講師 機械系 准教授 田浦 裕生
日時 11月17日(土) 13:00~15:00
会場 長岡市中央公民館 401教室
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 11月7日

 

平成24何度長岡技術科学大学 公開講座7 

『ご贔屓さん』はどのようにして生まれるのか
〜『初めてのお客』が『リピーター』に変容するプロセスを科学する〜

講座概要  本講座では、顧客がサービスに「はまる」プロセスを科学的に扱う方法を解説します。サービスの大きな特徴は、サービスがその現場で提供されるのと同時に消費されるということです。そのため、サービスの利用者がどのようにサービスを利用しているのかを理解するためにはサービス現場での行動観測とその結果の分析・モデル化が必要です。そこで、本講座では、サービス利用者がどのように行動を選択しているのかを解明する技術である「認知的クロノエスノグラフィ(CCE)」を紹介します。そして、この技術を利用してサービスのリピーター(ご贔屓さん)がどのようにして生まれるのかということを調べた事例を紹介します(プロ野球ファン、観光地訪問者など)。
講師 経営情報系 教授 北島 宗雄
日時 12月1日(土) 13:00~15:00
会場 まちなかキャンパス長岡 交流ルーム
受講料 200円(テキスト代金として)
定員 40名
申込締切 11月21日