環太平洋新興国との高度な双方向連携教育研究による持続型社会構築のための人材育成・新産業創出拠点形成事業

サイトマップ English

背景と現状課題

グリーンイノベーションによる環境・エネルギー大国戦略

アジア諸国の環境や安全安心等の分野において日本の技術・経験を持続可能な成長のエンジンとして活用。
(国「新成長戦略」)

現状課題

課題解決のポイント

独創性・新規性等

本事業では、本学で開学以来培って来たVOS (V:Vitality, O:Originality, S:Services)の基本理念に沿って、大学院教育に産業社会の要請を取り入れると共に、逆に大学院教育を通じて大学からの発想や価値観を社会に発信することにより、双方向の協働・融合効果が期待できる。

また、異なる種々の自然科学分野からの視点や発想の協働だけでなく、技術者倫理、グローバルマネージメント、経済・エネルギー・環境問題や安全・安心・快適、などにおける現代社会の直面する諸問題の抜本的解決や真のイノーベイションを実現するために必要な、社会科学との協働・融合を第2の大きな課題にしている点も、大きな新規性と独創性に特徴づけられる。

さらに、国際双方向型大学院教育によっては、大学院教育のグローバル化に対応し、環太平洋(主にベトナム、メキシコ等のアジア地域)地域の優秀な人材・研究課題の発掘やその地域で将来活躍するグローバルリーダー研究者養成を目指す点にも、大きな特徴がある。

上に戻る

長岡技術科学大学 〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1 TEL:0258-46-6000(代表)
【国際課国際交流係】TEL:0258-47-9238 FAX:0258-47-9283

Copyright(C) Nagaoka University of Technology

長岡技術科学大学