研究・技術開発

産学官連携ポリシー

国立大学法人長岡技術科学大学 産学官連携ポリシー

  国立大学法人長岡技術科学大学(以下「本学」という。)は、1976年の開学以来、VOSの精神「Vitality(活力)、Originality(独創性)、Services(世のための奉仕)」に基づき、技術科学(技学)に関する創造的能力の啓発を目標として、優れた人材を輩出し、さらに産業界との共同研究や学生の実務訓練を始めとした諸活動を積極的に推進し、社会に貢献してまいりました。

  産学官連携活動は、大学の社会貢献活動として重要な活動の一つであります。大学が創出した知的な諸成果を社会へ還元するための積極的な取り組みが望まれております。本学では、次のようなポリシーを掲げ、産学官連携活動をさらに推進し、社会に貢献することとします。

  1. VOS の精神「 Vitality(活力)、 Originality(独創性)、 Services(世のための奉仕)」を基本精神とし、社会貢献活動を推進する。
  2. 技学の精神に基づいて、学術・技術分野の新領域の構築やパラダイムの転換に寄与する。
  3. 産学官連携活動を通して、実践的・創造的能力に富んだ人材を養成することにより、産業界の発展に寄与する。
  4. 透明性の高い産学官連携活動を継続的に推進し、新産業の創出をはじめ産業界並びに地域社会の発展に貢献する。
  5. 大学の有する知的活動の成果(人的・物的)を積極的に社会に発信、還元することにより、我が国の経済・社会の発展に寄与する。