国際交流

ツイニング・プログラム

ツイニング・プログラムの特徴

 ツイニング・プログラムは、「日本語のできる指導的技術者の育成」を目標とし、学部教育の前半の期間(通常2.5年)に現地の大学で日本語教育及び専門基礎教育を、後半の2年に日本で専門教育を実施し、全てを修了した学生に両大学の学位を授与するプログラムです。編入学試験に合格した学生のみ日本留学ができますが、編入学試験に不合格でも、引き続き現地の大学で学部教育を受け、現地大学の学位を取得することができます。
 また、教員を年に数回、現地の大学に派遣して行う集中講義や、学生が短期間来日して本学で受講する短期集中研修を学部教育の前半に実施しています。

ツイニング・プログラム実施一覧

 
現地大学・機関名
(国名)
開始年度 本学の受入課程名 備考
ハノイ工科大学
(ベトナム)
2003年度
(平成15年度)
機械創造工学課程 国立大学5大学のコンソーシアム
マレーシアツイニング
(マレーシア)
2005年度
(平成17年度)
機械創造工学課程
電気電子情報工学課程
マレーシア日本高等教育プログラム
ホーチミン市工科大学
(ベトナム)
2006年度
(平成18年度)
電気電子情報工学課程
ダナン大学
(ベトナム)
2006年度
(平成18年度)
環境社会基盤工学課程 国立大学3大学のコンソーシアム
ヌエボレオン大学
(メキシコ)
2007年度
(平成19年度)
環境社会基盤工学課程
モンテレイ大学
(メキシコ)
2007年度
(平成19年度)
機械創造工学課程
情報・経営システム工学課程
鄭州大学
(中国)
2007年度
(平成19年度)
物質材料工学課程
モンゴル科学技術大学
(モンゴル)
2015年度
(平成27年度)
機械創造工学課程
環境社会基盤工学課程
国立大学6大学のコンソーシアム

ツイニング・プログラムの基本形態

ツイニングプログラムの基本形態