VOS,No.106

 学生研究活動報告 [Back]

レスキューロボコン・プレ大会優勝

 去る8月12日,グランキューブ大阪で「ロボフェスタ2001・プレ大会」が開催され,その一競技である「レスキューロボットコンテンスト」に川谷研究室が参加しました。
 競技は,被災地に見立てた競技フィールドの瓦礫(がれき)の中に埋もれた,被災者に見立てた2体のダミーを,遠隔操縦または自律型のロボットによって救出するものです。ただし,操縦者は上空からと,ロボットに搭載したカメラの映像を頼りに,ロボットを操縦しなければなりません。
 いかに早くダミーを救出するかを競う競技ではありますが,ダミーを手荒に扱うと減点の対象となってしまいます。
 競技午前と午後の2回行われ,2回の競技の合計点と審査員による得点の合計点で順位が決まります。午前の競技では瓦礫は素早く除去できたもののダミーの救出に手間取り,救出には成功しましたが,速さで京都大学に負け2位でした。
 午後の競技では1体目の救出まではうまくいったものの,瓦礫除去用のロボットが瓦礫に挟まって動けなくなってしまいました。
 このため大きく時間をロスし,再び京都大学に救出時間で遅れを取ってしまいました。
 一方,京都大学もダミーに衝撃を与えてしまい,減点を受けたため,2回の競技の合計点で,京都大学がわずか22点上回るにとどまりました。
 最後に審査員たちの採点が行われ,その結果,我々は総合得点で京都大学を逆転し,優勝することができました。