VOS,No.107

 編集後記 [Back]

 様々な分野で改革が喧伝(けんでん)され,大学改革もその俎上(そじょう)に載っています。改革は痛みを伴いますが,直接痛みを感じる人たちの必死の努力によって改革を進めるのではなく,また痛みを免れる立場になったときに我関せずと安心せず,全体の負担衡平を考えて進めていく必要があると思います。VOSも偉大なるマンネリズムから脱却する痛みを覚悟する必要は?