VOS,No.109

 編集後記 [Back]

 本号では産学連携に関する特集を組みました。日本の産業界が1980年中頃の輝きを見いだせない時代に突入し,これを打破する手段として,「新技術の創造」と「新事業の育成」が必要との声が有ります。この意味で産学連携は,日本の将来に大きな位置づけをこれから得て行くでしょう。また,国立大学の改革が進展しつつあります。私見ですが,この改革の機会をうまく利用し大学において,新技術の種を生み続け,かつ新事業のネタを見いだすことの出来る体制を構築できればと感じています。