VOS,No.113

 卒業生だより [Back]

さらなる飛躍に向けて

ナヴェッド・イスラム
(平成8年3月 電子機器工学専攻修了)
勤務先: 日本ナショナルインスツルメンツ(株)
フォトニクス・ビジネス・マネージャー
 日本ナショナルインスツルメンツ(株)は本社をテキサスに置き,30ケ国以上に支店を構えるグローバルな会社です。工業用コンピュータやインターネット等を活用し,ユーザ自身がカスタマイズ出来る計測・オートメーションを提供する企業です。(www.ni.com/jp参照)
 私は入社して3年目になりますが,技術部,技術部長を経て現在フォトニクスビジネスマネージャをしています。この短期間で,新たなポストを担当出来る事を非常に光栄に思っています。それは会社が個人の可能性を引出し,成長するチャンスを与えてくれる為です。入社年数に関わらずアイデアがあれば直接提案出来る,会社の信頼と本人のやる気次第でプロジェクトを任され権限を与えられるといったダイナミックな社風も大きな特色です。また弊社では成功という目標に向けてチームワーク,柔軟性が求められます。その結果自己管理能力に長けたプロ意識が育ち,仕事が出来る人が活躍出来る会社であると自負します。学生時代は光ファイバを研究していましたが,その時に培った知識や集中力が今に繋がっています。そして常に先を読みビジネスチャンスを掴めるよう,日々努力を重ねています。新しい事にチャレンジする多忙な毎日ですが,自分の成長も感じられ,充実しています。
社内にて

技大での研究活動・人脈は私の財産

葛 西 康 幸
(平成9年3月 建設工学専攻修了)
勤務先: (株)安部工業所 技術本部 技術部
 大学時代はアスファルトの研究をしていた私も,プレストレストコンクリート構造物の設計施工を主業務とする会社に就職し,卒業後はコンクリートと格闘する毎日を送っています。検討対象は変わりましたが,技術的な課題への取組みは,丸山暉彦教授,高橋修助教授にご指導いただきながら道路研究室で行った研究が礎となっており,学生時代の研究活動で得た経験は,今の私の貴重な財産です。
 昨年4月からは,茨城県つくば市にあります独立行政法人土木研究所 技術推進本部 構造物マネジメント技術チームに交流研究員として派遣され,職員の方々にご指導いただきながら,主に高強度コンクリートに関する研究を行っています。未知な場所での研究活動に,派遣前には大きな不安もありましたが,本研究室には私を含め4年連続で技大の卒業生がお世話になっており,先輩方の助けもあって,スムーズにつくばでの生活,研究をはじめることができました。
 全国各地に散らばった同級生,道路研究室の仲間とは今でも連絡を取り合い,たわいも無い話をすることもあれば,技術的な問題を真剣に討論することもあり,一番のよき相談相手です。また,仕事上,それまで面識の無かった技大出身の方とお会いすることも多く,こうした中で広げられていく長岡技大の人脈も,私の本当に貴重な財産です。
研究室旅行・榛名富士山頂にて(筆者は一番左)