VOS,No.113

 高専と技大 [Back]

教官交流研究集会
 高専と本学の研究交流の一層の活性化を図ることを目的とした今年度の研究集会は,毎年実施の機械系と経営情報系そして隔年実施の環境・建設系と生物系の4系で開催されました。
系 名 機械系 環境・建設系 生物系 経営情報系
テーマ 高専−長岡技科大の一貫性カリキュラムとJABEE

新たなる環境への取り組み、高専・技科大の連携

高専と技科大の連携の在り方を考える 高専と技大の新しい教育・研究の連携
参加者数
本学教官  45人
高専教官  57人
そ の 他    1人
合  計  103人

本学教官  30人
高専教官  30人
そ の 他    0人
合  計  60人
本学教官  18人
高専教官  14人
そ の 他    0人
合  計  32人
本学教官  19人
高専教官  11人
そ の 他    0人
合  計  30人
開催日
7月30日(火)
7月31日(水)
8月3日(土)
8月4日(日)
7月25日(木)
7月26日(金)
8月26日(月)
8月27日(火)
高専−長岡技大(経営情報系)教官交流研究集会開催報告
塩野谷   明 (体育・保健センター 助教授)

 去る8月26,27日の2日間にわたって,高専教官と本学経営情報系教官との研究交流集会が本学マルチメディアセンターにおいて開催されました。今年は「高専と技大の新しい教育・研究の連携」をメインテーマに,高専から11名,本学から19名の教官が参加され,活発な討論が行われました。
 26日は,本学経営情報系の概要と行われている教育・研究の紹介に始まり,参加高専の学科の紹介と教育・研究内容の詳細から具体的な教育・研究の連携について話し合いが行われました。また,続く27日は,交流集会の新しい試みとしてSCSを用いた遠隔講演会を中心とした遠隔会議を行い,会場参加者に加え,仙台電波高専他5高専のSCSによる参加がありました(その他4高専に収録ビデオを送付)。
 特に27日の講演会では,本系で推進しております「e-learningによる高専・技大の連携」をテーマとして,植野助教授からe-learning導入までの経緯と現状,根木教授からe-learningの今後の展開と高専連携についてのご講演をいただき,併せて吉田助手から実際のe-learningのデモンストレーションが行われました。
 e-learningにつきましては,高専側から「多様な授業科目の開講が可能となる」,「 JABEEへの対応面でも非常に価値が高い」等,期待のこもったご意見をいただき,経営情報系として力強いご支持を感謝する次第でございます。また,併せて単位の認定等今後早急に解決していく必要のある問題も明確となり,非常に有意義な会議であったと思います。
 最後に,26日夜は長岡市内において会場参加の高専教官と技大教官との懇親会が催されましたが,こういった小さな交流がやがては大きな交流となることを信じて疑わないものでした。