VOS,No.115

 贈る言葉 [Back]

留学生交流室から
樋口 里子(むつみ会 会長)
 卒業生・修了生の皆さまおめでとうございます。むつみ会を代表してお祝いを申し上げます。会長としてこの2年間,毎週水曜日の午後は可能な限り留学生交流室に行くように心掛けてまいりました。昨年度留学生のチューターとして日本人学生も時々顔を見せた事等嬉しい事です。留学生と思っていた私はその学生に「どこの国から来られましたか。」と聞くと「日本です。」と言われ赤面してしまい,その後皆で大笑いしてしまいました。
 時々,留学生の家族の方々も交流室に来られ奥さんの手作りの菓子を賞味し,又赤ちゃんを見せてもらいだっこさせてもらったり楽しみました。また,中学生・高校生等は総合学習の取組みで留学生と一緒にお茶を飲みながら,交流していきました。
 その他に,よろずの相談があります。家族が間もなく長岡に来るのでコタツが欲しいのですが,半年後に妻は初めて出産するのでどこの病院が良いでしょうか。あるいは研究・実験で帰りが遅く足がないので車が必要で捜している。車検の安い所はないの,アルバイトが見つからず困っている,等の相談が持ち込まれます。
 幸いむつみ会スタッフは人材に恵まれました。車関係で仕事をしているスタッフは都合つけ手配しました。会社勤務の夫にバイト先を依頼してみたり,新聞チラシを水曜日までためアルバイト先を見つけたり等とスタッフはそれぞれが時間を作り協力しています。仕事を持っている人は水曜日を休みにするよう計画を組む等工夫してまいりました。
 ところで皆さんも御存知のような,Time is money はよく聞かれる言葉です。しかし,私は,Time is life「時間の使い方は命の使い方です。」と聞いた事があります。
 むつみ会のスタッフ一人一人は,このような意味でも毎週水曜日のその時を留学生と共に価値のある時を過ごしてまいりました。長岡に住みながら異文化を学び交流を楽しんでいます。「皆さま,ありがとう。」そして,又再会できますよう願いお祝いの言葉と致します。



新しい門出を祝して
中村  奨(長岡技術科学大学同窓会会長・長岡工業高等専門学校勤務)
 卒業・修了される皆さん,おめでとうございます。同窓会を代表して心からお祝いを申し上げます。そして同時に,長岡技術科学大学同窓会の正会員になられたことにも心からお喜び申し上げます。
 同窓会の主たる事業は,同窓会会員名簿の発行です。技大も開学以来27年が経過し,同窓会会員数も8千名を超える数となりました。同窓生は,日本に限らず世界の第一線で活躍しておりますが,その同窓生の橋渡しをする名簿が転居先不明等で多数返送されてきております。転居された場合には,同窓会までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 さて,今日から新しい時が始まります。皆さんは,今まさに一人の社会人として,また一人の技術者として,独立されました。これからのさらなる勉強とそして長い人生の実地での経験が皆さんを一層優れた技術者に仕上げることでしょう。現在,世界の社会構造が激変しております。より良い社会を構築するためには,自由競争という社会原理と,世界経済を長期的に支配する科学技術の進歩が大前提でありましょう。このような社会を見つめ,教養を高めながら技術者としての自覚,そして自信を持って,これからの社会の科学技術の発展に貢献されますようお願い申し上げます。
 でも,忘れないでください。どれだけ科学技術が進歩しようとも,人間は人間のまま―2本の脚で土を踏んで,その場所の空気を吸って,さまざまな出会いを経てそれぞれ生きていく―ことしかできないのです。
 皆様のこれからの人生に幸多からんことを心よりお祈り申し上げます。