VOS,No.118

 卒業生だより [Back]

思い立ったが吉日
(There's no time like the present.)

五十嵐   敏
勤務先: 新光電気工業株式会社
(平成14年3月 電子機器工学専攻修了)
 私は在学中,電子機器工学を専攻し,磁性体の相転移に関する研究を行っていました。現在は,電気シミュレーションと特性評価などを主とした担当業務に就いています。解析・測定結果を受けて,そこから評価できること,今後の方向性などを決定していくような仕事です。シミュレーションと実測の両方に携わっているので,学生の頃とはまた違った発見が数多くあります。何が正しいとか間違っているというよりは,最適化とでも言うのでしょうか,情報収集を繰り返し,無い知恵を絞りながら奮闘の日々です。
 自由な時間の多かった学生時代は,勉強に研究,遊びに飲み(この2つが主だったかもしれませんが・・・)と,とても満喫した時間を過ごしていました。今思えば,そんな時間をもっと色々な事に活用すれば良かったとも思っています。そんなわけで現在は,運動不足になりがちな為,自転車通勤をしたり,休日には海に行ったり,又外国語を磨いたりと,リフレッシュの意味も含めて行なっています。
 最後に,学生さんに何かアドバイスをするとすれば,今,興味・関心のあることを躊躇せずに,積極的にActionしてください。若いからできることって無限にあると思います。そうすればもっと視野が広がり常に様々な角度から物事が見られるはずです。雄大で柔軟な心が持てるようお互い頑張りましょう。

社会人一年目

安 齋   勝
勤務先: 鹿島建設株式会社 北陸支店
(平成15年3月 建設工学専攻修了)
 私は就職してまだ一年も経っておらず,まだまだ未熟者で,社会のことや企業のことを語ることはできません。そこで,経験豊富な先輩でもなく学生でもない,最も身近な社会人として,今の心境を伝えられればと思います。
 現在,私は,新潟県の上越市と六日町市を結ぶ快速道路の一部である約2kmのトンネル(浦川原1号トンネル)の建設に携わっています。一年目でも仕事を任されることが多く,何とかこそうと日々奮闘しております。
 そんな私が,社会人になり感じたことは,学生のときとは比べものにならないくらい時間が経つのが早いことです。次々に涌き出る仕事をこなしているだけで,気がつけばその日が過ぎていきます。恥ずかしながら,「時間の大切さ」というものをこの年にして初めて知ったような気がします。
 そんな生活を送っていくと,やはりメリハリが必要と感じます。これは,社会人だけではなく学生にも言えることですが,アウトプットが重要視される社会人には特に必要に思えます。どんなに一生懸命やっても,失敗したり,悩んだりするときがあります。そんなとき,心に少しのゆとりや遊び心をもって取り組めば,意外と乗り越えることができるものです。
 ですから,学生の皆さん,勉強も大事ですが,遊ぶときは思いっきり遊び,興味のあることには積極的に取り組んでください。無駄になることは何一つないと思います。