VOS,No.119

 チャレンジ大学改革 [Back]

フランス,ドイツの工業教育について
U.T.Cのスタッフ及びDESSの学生と
嶋崎 和男
(事務局長)

 今回,飯田前副学長,稲垣語学センター教授と9月27日〜10月8日まで産学連携教育の調査を主たる目的として,フランスのユニベルシテ・ド・テクノロジ(U.T.工業高等専門大学)の2校とドイツ・マンハイムのベルフス・アカデミーを訪問したその結果をこの紙面を借りて御報告したい。
○コンペーニュ,ベルフォール・モンベリァール工業高等専門大学(このほかトワイエ工業高等専門大学がある。)について
 従来の伝統的な大学が実践的でないこと,grandes ecolesが公的部門(各省庁・国営企業)の幹部養成を目的とした画一的な教育内容であることへの反省から第3の形態の高等教育機関として創設された。修業年限,卒業資格については工業系grandes ecolesと基本的に同じであるが,単位制度を導入するなど教育内容に柔軟性を持たせている。
 正規課程の入学者は,バカロレア取得者の一年次入学を中心に,DUT(工業技術短大修了資格),BTS(上級技術者資格,リセ併設の職業教育専攻科修了資格である。),DEUG(大学一般教育課程修了証)取得者等のbac+2(バカロレア取得後2年の学校教育修了者)の編入も多く,また,CPGE(リセ附設のgrandes ecoles進学準備学級修了者),修士取得者の編入も少数ながらある。
 教育体系は共通教育が2年,専門教育が3年(うち半年ごとの企業研修が2回),卒業資格は,Diplome d'ingenieur(技師免状)である。
 このほか,社会人教育があり,bac+2(バカロレア取得後2年の学校教育修了者)と3年の専門的職業経験を入学資格とし,試験は,書類審査と面接である。卒業資格はDiplome d'ingenieurで正規コース修了者と全く同等とされている。
 Post-Graduateとしては次の3プログラムがある。
DESS(高等専門研究免状)プログラム
 1年間のコース。高度の専門技術的な文書作成能力の養成を内容としており,4セッション・600時間の学習と400時間の企業研修から成っており,UTCの修了者は,毎年24人以内である。
DEA(高等研究免状)プログラム
 1年間のコース。従来,博士号取得のための準備コースであったが,現在は修了者の多くが企業に就職している。
Ph.Dプログラム
 毎年100人近くに学位を授与しているが,留学生の比重も高い。
○マンハイム・ベルフスアカデミーについて
 1974年創設され,16共和国中9共和国で設置されている。現在,バーデンビュルテムベルグ共和国内に10校あり,学生数は4,500名である。法定修学年数は,伝統的な大学が5.5年,専門工業大学の4年に対し,3年である。入学資格として,アビトゥーア取得を要求している(専門工業大学は要求していない)。また,企業における研修生としての採用が前提条件であり,基礎教育課程を2年,専門課程を1年とし,各セメスター(0.5年)は,前半のキャンパスにおける授業と後半の企業研修から成る。なお,Berufsakademie Mannheimは,61%が経営,26%が情報技術,工学が13%で構成(学生数)されている。