VOS,No.119

 卒業生だより [Back]

社会人1年目の感想

梅 香 高 志
勤務先: コベルコ建機(株)
開発生産本部 企画部 生産技術グループ
(平成15年3月 創造設計工学専攻修了)
 長岡を離れまだ,1年も経っていませんが,長岡にいた頃を懐かしく思います。私はコベルコ建機(株)に入社し,現在は油圧ショベルの生産拠点のある広島市に滞在しています。今まで来たこともない場所に配属され,来た当初は不安もありました。広島に暮らすようになり数ヶ月が経った今,広島の街にも慣れ,非常に居心地の良い街となりました。
 私が配属された部署は,生産ラインの改善,新工場・新設備の計画といった工場自体の設計を行っています。配属されてから間もないため,上司,先輩方に教わる毎日ですが,今は,新工場設立という重要な計画に参加させてもらい,非常に充実した日々を送っています。
「研修終了後同期と」一番右側が筆者
 私が会社に入り,重要だと感じたことは,自分の考えを,相手に解りやすく伝えるということです。それは,言葉だけではなく,文章においてもそうだと思います。また,表立って自分の意見を言えることも大切なことだと思います。会議の場で,上司や社外の人間に堂々と自分の意見を述べることで,自分の考えが大きく反映された仕事ができるのではないかと思います。
 社会人に成り立ての私が,皆さんにたいしたことを言えませんでしたが,色々学んで,色々遊んで,充実した学生生活送ってください。

基礎の重要性

河 口 国 康
勤務先: 株式会社三水コンサルタント札幌事務所
(平成12年3月 環境システム工学専攻修了)
 長岡を離れて早や4年目になります。現在,私は廃棄物関連のコンサルタント業務(調査,計画,設計,環境アセスメント等)をしています。大学時代,廃棄物処理の研究をしていたので就職後も大学での経験がそのまま生かせると考えていましたが,世の中そんなに甘くはありませんでした・・・。「環境で飯を喰っていく」と決めていたので,建設系の授業をあまり受けていなかったことが大きな原因です。コンサルタントの業務は,機械,電気,建築の仕事もありますが基本は“土木”であり,土木の基本である測量,土質,コンクリート等全く知らない私は(高専では機械工学科),初心者向けの参考書を手に苦しい日々を送っています。やはり土木構造物と一緒で何事も“基礎”が重要です!
大雪山国立公園にて
 さて,最後に学生の皆さんに一言。大学で“基礎”を習得する勉強も大事ですが,それ以外にも学生時代にやっておくべきことがあります。普通,「社会人はお金があっても時間がない」「学生は時間があるがお金がない」と言われますが,不景気の世の中「社会人は時間もお金もない」のが現状です。時間があるうちにお金が無くても散々遊んでおくことをお勧めします。