VOS,No.119

 特集/大学の国際化と留学 [Back]

留 学 生
スピーチコンテスト
ポーチャンルン サイティップ
(材料開発工学課程3年)
 長岡技術科学大学の材料開発工学3年のポーチャンルン サイテイップと申します。私は第15回外国人による日本語スピーチコンテストに「ドラえもんのポケット」を題に参加しました。長岡市長賞に入賞でき,とても嬉しかったです。

 ドラえもんのポケットには沢山のおもしろいものが入っているので,小さいころには,のび太のようにいつもドラえもんがほしかった。今でも,勉強が難しい,アルバイトの生活がたまらない,人の助け合いの薄さなどに,時々,技術者になる夢を捨てよう,ドラえもんのタイムマシーンを借りて,暖かい家族のもとに戻ろう,という気持ちになります。まさに,国にいたとき,わたしのドラえもんはわたしの両親でした。でも,今のわたしにはドラえもんがいない。だから,のび太のように助けとなるドラえもんを待つことなく,とりあえず,自分のポケットからなにかを出してみました。それらが,我慢,努力,希望などといった不思議な道具でした。今の生活を我慢する,人との付き合い・勉強を努力する,技術者になる希望を持つ,というあたらしい自分になりました。すると,すべてがチャレンジというものだと感じました。人生というものはどんなときでも楽しく思えるようになりました。ある限られた空間でも,自由に生きていかなければと思いました。皆さんも,どんな問題に直面していてもあきらめずに自分のポケットにある無限大の道具をつかって今を戦ってほしいと思います。わたしも,わたしの夢とともに生きていきます。みなさん,ドラえもんのように,素晴らしい道具を最大限に生かしていきましょう。


見学旅行の感想・山形県の旅行
シハウット マニソン
(材料開発工学専攻2年)
 見学旅行は毎年ありますが,私は今回、見学旅行に初めて参加しました。旅行費が安いという理由と,一泊二日という短い時間で,忙しい人でも気楽に楽しめる旅行だと思いました。
 目的地である山形県に向かいながら,バスの中で,それぞれの国の人からの自己紹介があって,お互いのことを知り合うことが出来ました。山寺を見学し,初めて,座禅を体験しました。座っているときに叩かれるんじゃないかと正直怖かったです。しかし,いい体験ができたと思います。旅館に着いて,定番の温泉に入って,みんなと晩御飯を食べながら,みんなとお話をしたり,写真を撮りあいしたりしました。歌を歌うのが下手な私ですが,カラオケも参加しました(恥)。
 二日目の朝は雨だったのですが,恵まれたことに,旅館から出発したときに雨がだんだん止んできました。バスで蔵王山を登りながら,今まで見たことのない綺麗な紅葉をみることができて,感動しました。山の頂上にある有名なお釜みたいな湖(?)に向かっている途中,天気が悪くも無くよくも無かったので,お釜を見られるかどうか心配しました。山の頂上に到着し,その時は雨でしたが,お釜をみることが出来て,期待した通り,とても綺麗でした。それから,初体験の陶芸を体験し,今まで無いようなコップを作ろうとしたのですが,なぜか,灰皿になってしまいました。
 旅行は一泊二日という短い時間でしたが,十分に楽しめました。そして,この旅行を計画してくれた留学生係の皆さんと日本語の先生の皆さん,ありがとうございました。