VOS,No.120

 贈る言葉/卒業・修了にあたって [Back]


人生を豊かに
海 野 隆 哉(環境・建設系長)
 卒業・修了おめでとうございます。諸君の多くは,希望に満ちて実社会に巣立とうとしていることでしょう。
 わたしは,サラリーマン生活が長かったので,自戒を込めて,経験の中からそのエキスを述べます。
 まず,成功をするには「運・鈍・根」が必要と言われます。物事が,うまく行かないときでも,あきらめずに頑張ろうと,気力を奮い立たせるための言葉です。「根」は「根気」のことで,どんなことがあってもめげずに努力することを勧めています。「鈍」は,他人に後れをとってもめげない強い意志を持てということですが,実際の対人関係では「敏感」である方が周りにかわいがられます。例えば,業務を命じた上司の意図をくみ取って迅速正確に仕事をこなす等です。本当の「鈍感」は成功しません。
 ところで,本学では,VOSの精神をモットーにしています。これこそ,人生を成功に導く生き様を示しています。Originalityは,所属する組織の飛躍や改革の芽を造るために必要なもので,大学の講義や研究のなかでその素を造るお手伝いをしてきました。今後は諸君の努力で,育てるものです。Vitalityは,自分の考え・アイデアを実際に遂行するために必要です。人付き合いも含め有用な情報の獲得にも役立つのです。Servicesは,基本的には社会への貢献ですが,周囲の人に発揮すれば,諸君の味方を増やし,成功に繋がります。
 以上,人生の処世訓を述べてきましたが,これらを実現するには「健康」が大切です。元気に,今後のご活躍を祈ります。



すばらしい人間関係を
渡 邊 章 吾(建設工学課程)
バレー部の遠征にて(富士急ハイランド)
 私がこの長岡技術科学大学に入学して,4年。もう卒業という年になりました。振り返ってみると私にとっては短い4年間でした。高校を卒業して色々な不安にかられながら大学に入学したのを昨日のことのように思い出します。しかし,たくさんの友達が出来たことでそのような不安も無くなり,楽しく大学生活を送ることが出来ました。確かに学生の仕事は,勉強です。しかし,集中して勉強ができる環境を作らないと良い結果は生まれないと思います。それは,良い友達を作ること。自分の悩みを,真剣になって聞いてくれる友達を作ることだと思います。このような,人間関係を培うことは社会に出たとき,何よりも役立つものになると思います。勉強も大切ですが,かと言って勉強だけじゃ何も始まりません。大学は,勉強するだけのところではないと思います。新しい出会いの場でもあります。ここで良い友達と出会い,人間関係を学び,社会に出ても一生楽しく仕事ができるようにするための準備期間と考えてもらいたいです。そうすれば自ずと良い結果が得られると私は考えます。最後に先生方,研究室の皆様,本当にお世話になりました。ありがとうございました。



好奇心を持つということ
松 本 卓 也(建設工学専攻)
広崎キャプテンと愉快な仲間たち
 一言で私の学生生活を表現すると,「いっぱい・いっぱい」です。現在卒業に向けて,論文を作成しておりますが,まさに「いっぱい・いっぱい」です。VOSが発行される頃には,全てがよい方向に向いていることを期待しながら書いております。「いっぱい・いっぱい」の中で学んだ事は数多くその全ては,私の財産です。特に印象深いのはソフトボール大会です。研究の事は忘れ,みんな一丸となり,練習もしていないのに,見事優勝を勝ち取りました。試合中に骨折していたのにも関わらず,最後までキャッチャーをしてくれた後輩もいました。そんな事を思い出すと,卒業も名残惜しいものです。私は,地盤研究室に所属しており,土質試験をやっておりますが,我が研究室では「試験機を休ませるな!」がモットーになっております。そんな事を思うとやはり卒業したいと考えてしまいます。
 こんな充実した学生生活にもいよいよ終止符を打つ時がやって来ました。自分自身大学院までこれるとは思ってもいませんでしたが,私がここまでやってこれたのも,周りの皆さんのおかげだと思っております。四月からは,社会人として新たなスタートをきる訳ですが,「いっぱい・いっぱい」でがんばりたいと思います。
 笑ってこのVOSを読める日が来た時,初めて自分で自分を誉めたいと思います。



出会い系大学生活
服 部 慎 介(環境システム工学専攻)
 長岡に来て4年間,本当にあっという間に過ぎました。あっという間だったけれど今振り返るととても内容の濃い充実した4年間でした。
 一番充実したと思うことは「仲間」です。研究室,クラス,クラス以外,さらに大学以外と様々な出会いを通じて「仲間」を作ることができました。この仲間がいなければ今の自分はいないと感じています。一人暮らし初体験で寂しがりやの自分にとって一緒に笑って過ごせる仲間達がいることによって,最高に充実した毎日を過ごせたと思います。また,この出会いによって自分自身の良い点悪い点を気付かされ,一回り二回り成長したと感じています。
 長岡に来て出会いの一番のきっかけはソフトボール大会に出たことです。ソフトボール大会を通じてクラスやクラス以外の人たちと出会うことができました。最初のソフトボール大会の打ち上げで様々な人達と打ち解けることができました。技大に入ったならば必ず勉強以外の行事には参加したほうが良いと思います。色んな人達と出会うことが大学生活の中で一番重要なことだと思います。
 最後になりましたが今まで色々な仲間に支えられてきました。今の自分がいるのは皆様のおかげです。本当にありがとうございました。そしてこれから大学の枠を越えて日本全国に散らばってしまうけれど,この貴重な時間をいつまでも忘れずに生活していこうと思います。