教育

オーダーメイド工学教育プログラム学生募集要項

長岡技術科学大学オーダーメイド工学教育プログラム(平成29年度)学生募集要項

本制度は、企業等で実務についた後も、継続的に学習し、知識・実務能力の向上を図っていく制度を求める社会のニーズに応えるため、企業等から派遣された職員に対し特定分野の知識や実務能力の向上が図れる科目を体系的に受講させ、更に受講目的に応じた指導教員を定め適切な研究指導を行うことにより、自己のスキルアップや基礎力強化を目指し、かつ、企業等の社員教育の一助とすることを目的とした制度です。

本プログラムでは学部及び工学研究科で開講している講義を受講することが可能であり、学習の目的に合わせ、効果的に学習できるように、教員による履修アドバイスと「オーダーメイド」された履修プログラムにより基礎教育から最先端の研究内容まで幅広く受講することができます。更に、正規の講義以外に、各研究室で開講しているセミナーに参加でき、研究室に所属し期間内において研究活動を行うこともできます。

1.受講資格

原則として、高校卒業以上の学力を有する者とします。

ただし、大学院の講義を受講できる者は、大学を卒業した者又は大学卒業と同等の学力を有する者とします。なお、学歴に関わらず、実務経験に応じて受講資格認定を行うことができます。

2.プログラム開始日

1学期 平成29年4月1日
2学期 平成29年9月1日

3.受講期間

1学期 4月~ 8月の5カ月間
2学期 9月~12月の4カ月間

受講期間は受講を許可された学期とします。ただし、必要に応じ学期単位で受講期間を延長することができます。

4.受講申請に係る事前打合せ

  1. 受講学生の派遣を希望する企業等又は受講期間の延長を希望する企業等は受講希望調書(様式1)(MS-Word)を指定する期間内に提出してください。
    書類提出先
    〒940-2188  長岡市上富岡町1603-1  長岡技術科学大学学務部学務課教育交流係  
    TEL:0258(47)9247  FAX:0258(47)9050  E-mail : kyoiku@jcom.nagaokaut.ac.jp
  2. 書類受取後、本学調整教員が関係教員と連携し、学習計画シート(様式2)(MS-Word)を提示しますので、確認のうえ受講申請手続きを行ってください。

5.受講申請手続

受講学生の派遣を希望する企業等又は受講期間の延長を希望する企業等は、受講学生に係る次の受講申請書類等を指定する期間内に学務部学務課教育交流係まで持参又は郵送(書留速達)してください。

受講申請に必要な書類等
書類等 摘要
1.検定料 9,800円
(受講学生1人当り)   受講学生の派遣を希望する企業等は、本学所定の振込依頼書で金融機関(郵便局を除く)に振り込みのうえ、取扱銀行収納印を押した「振込済証明書」を必ず受け取り、受講申請書類と一緒に提出してください。   
「受取書」は領収書となりますので、大切に保管してください。
※検定料の納付は金融機関(郵便局を除く)の受付窓口での振り込みに限ります。(ATMでの振込はできません。)
2.受講申請書(様式3)(MS-Word) 受講学生の派遣を希望する企業等又は受講期間の延長を希望する企業等は、本学所定の用紙に記入し、提出してください。
3.履歴書  本学所定の用紙に本人が記入し、署名押印のうえ、写真を所定の位置にはってください。写真は、正面上半身無帽(3cm×2.4cm)とし、出願以前3か月以内に撮影したものを使用してください。
4.卒業(又は修了)証明書   受講を希望する者の最終学校の卒業証明書又は修了証明書若しくは入学資格を証明する書類を提出してください。
〔注〕
  • ア.受講期間の延長を希望する場合は、上記1の検定料及び3の書類は必要ありません。
  • イ.提出された受講申請書類は、いかなる事情があっても返還しません。
  • ウ.振込済の検定料は、次の場合を除き、返還しません。
    • a.検定料を払い込んだ後、本学に申請しなかった場合
    • b.検定料を誤って二重に払い込んだ場合

6.選考方法

書類選考とします。

7.選考結果

本プログラムの受講が許可された場合は、申請のあった企業等に「受講許可通知書」を、受講期間の延長を許可された場合には、申請のあった企業等に「受講期間延長許可書」を送付します。

8.受講手続

  「受講許可通知書」を受けた企業等は、次に掲げる書類を学務部学務課教育交流係に指定する期間内に到着するよう郵送(書留速達)してください。

書類等 摘要
誓約書(様式4)(PDF) 本学所定の用紙に受講学生本人が記入してください。

9.受講料

  「受講許可通知書」を受けた企業等又は「受講期間延長許可書」を受けた企業等は次により受講料を納入してください。

(1)金額

区分 内訳 単位 金額(円)
受講料 科目等履修生入学料   28,200
科目等履修生授業料 1単位当たり 14,800
研究指導料 1か月当たり 29,700
チューター料 1学期当たり 32,000
(受講例1)

1学期(4~8月)に研究指導と科目8単位を受講希望する場合

・入学料
28,200円
・科目等授業料
118,400円(14,800円×8単位分)
・研究指導料
148,500円(29,700円×5か月)
・チューター料
32,000円

合計  327,100円

(受講例2)

2学期(9~12月)に科目10単位を受講希望する場合

・入学料
28,200円
・科目等授業料
148,000円(14,800円×10単位分)
・チューター料
32,000円

合計  208,200円

(2)納入方法

後日、企業等あてに請求書が送付されますので、指定の銀行口座に納入してください。

10.日程等

  受講希望調書 受付期間 受講申請書等 受付期間 選考 受講手続 授業開始
1学期 H29.1.30(月) ~ H29.2.3(金) H29.2.22(水) ~ H29.2.28(火) H29.3.6(月) H29.3.16(木) ~ H29.3.17(金) H29.4.10(月)
2学期 H29.5.29(月) ~ H29.6.2(金) H29.6.26(月) ~ H29.6.30(金) H29.7.中旬
(予定)
H29.8.21(月) ~ H29.8.22(火) H29.9.1(金)

持参する場合には、土・日曜を除く午前8時30分~午後5時に持参してください。また、郵送による提出も可能です(最終日までに必着のこと)。

11.その他

  1. 受講開始後、履修する科目について「履修申告書(様式5)(MS-Word)」を提出してください。
  2. 本学での身分は科目等履修生となり、正規の学生と同様に学内施設を利用することができます。
  3. 本学大学院生がチューターとなり、学生生活をサポートします。
  4. 指導教員が受講目的を達成したと認めた場合は、受講終了後に修了証書を授与し、希望者には単位修得証明書を発行します。
  5. 申請書類はHP上の書類名をクリックしていただくとダウンロードできますので利用してください。
  6. 募集要項の請求は返信用封筒(92円切手をはった長3封筒、あて先明記)を同封のうえ、下記問い合わせ先に請求してください。
  7. その他不明な事項があれば下記に問い合わせてください。