2009.5.7


                                平成21年5月7日

                        長岡技術科学大学

           新型インフルエンザ対策について

 5月7日(木)長岡技術科学大学新型インフルエンザ対策本部(本部長・小島陽学長)
第2回会議を開催し、次のとおり、確認・決定した。

1.メキシコに派遣していたコーディネーター・日本語教員計5名を5月2日(土)まで
  に帰国させた。5名はそれぞれ自宅にて10日間は外出を自粛し、体調に気を配って
  いる。

2.6月1日(月)に予定していたメキシコのモンテレー工科大学からの特別聴講学生3
  名の受入れを延期した。

3.6月14日(日)から28日(日)までの予定で計画していたメキシコの連携大学か
  らの学生10名と教員2名が来日しての研修セミナーは事態が改善するまで延期する。

4.この期間に「日本メキシコ交流400周年」事業として、在日メキシコ大使御臨席の
  下で開催を予定していたメキシコ・デーin 長岡についても同様に延期する。

5.外務省から感染症危険情報が発出されているメキシコを含め、不急の海外出張は延期
  するなど全教職員に対して注意を喚起する。

6.連休中を含め海外渡航した、あるいは今後渡航を予定している学生・教職員に対して、
  公的機関からの指示・連絡に従って行動するよう大学のホームページ及び全学一斉電
  子メールで注意を喚起する。

7.新型インフルエンザ対策の専用ホームページを設け、情報共有を図る。


                                   以上