21世紀ランプ会ご入会のお願い

国際技学共同教育研究事業会員~21世紀ランプ会~
へのご入会について

会費の使途

<なお、大学基金へのご寄附を希望される場合はこちらをご確認ください。>

グローバル社会を牽引する実践的技術者を育成する「国際技学共同教育研究事業会員~21世紀ランプ会~」へのご入会のお願い

   本学は、開学以来「技術科学(技学=GIGAKU)」の教育理念に基づく創造的能力の育成を目標として先駆的・実践的な工学教育を行っており、多数の創造的エンジニアを輩出しております。
   一方で、近年の急速なグローバル化に対応し、グローバルな視点で地域の強みを見出し、国際競争力を持つ新産業創出に貢献する技術イノベーションを起こす人材、全世界的な社会課題を解決し持続可能な社会の構築に貢献する人材の育成が今日の大学において急務となっており、本学ではこのような社会の要請に応じるため、「グローバル社会を牽引する実践的技術者育成プログラム ~グローバル産学官融合キャンパス構築~」を掲げ、産学官連携モデルを海外に展開し、社会ニーズに応える実践的グローバル技術者の育成、グローバル産学官研究による日系企業のグローバル化支援に取り組んでおります。
   21世紀ランプ会にご入会の皆様からの会費により実施する国際技学共同教育研究事業においては、これらの取組を加速し、グローバル産金学官連携体制の構築の推進を実現する所存です。

21世紀ランプ会

SDGs スーパーグローバル大学創成支援 卓越大学院

   

会費の活用例

皆様からの会費は「国際技学共同教育研究事業」においてグローバル産学官連携体制の構築のために使用させていただきます。

    (活用例)
  • 東南アジア、メキシコ等世界に広がる海外協定大学学生の日本国内の企業へのインターンシップ受入支援
  • 就職活動を行う日本人学生・留学生に対する会員企業としての情報提供、本学開催企業説明会優先参加
  • 海外進出に伴う企業への人材・技術両面からの支援事例を紹介する国際産学連携活動報告会の開催
  • 海外拠点を結ぶGIGAKUテクノパークネットワークを活用した海外ビジネス情報・海外パートナー情報提供
  • グローバルマインドを有する実践的技術者輩出のための学生・教職員の教育研究の推進支援

会費

恐れ入りますが一口5万円以上でお願いいたします。
一口以上何口でもお申込みいただけます。また、口数に合わなくても金額の多寡にかかわらずありがたくお受けいたします。

   

会員特典

     本会は会期制とし、会費の入金完了翌月1日から起算した1年間、5万円以上の会費を頂戴した皆様への謝意の表明として、会員様特典をご用意しております。
     詳細及び適用条件は入会案内をご確認いただくか、下記までお問合せください。

    会員様特典の一例
  • 学内で開催する合同企業説明会に無抽選で参加可能となります(5口以上限定)。
  • 就職活動を行う本学の日本人学生・留学生に対し各媒体で会員様をご紹介いたします。
  • 世界に広がる海外協定大学生の国内企業へのインターンシップ受入、海外人材獲得、海外進出支援等に関するご相談をお受けいたします。
  • 本学の海外GIGAKUテクノパーク拠点を活用した国際共同研究実施に関するご相談をお受けいたします。
  • 海外進出における人材・技術両面での支援や海外事情に関する報告会・講演会等にご招待いたします。
  • 感謝状を贈呈いたします。なお、50万円以上の会費ご入金の場合、学長による感謝状贈呈式を実施いたします(ご希望の方のみ)。
  • 本学ホームページへご芳名を掲載します(承諾をいただいた方のみ)。
  • 大学構内やGIGAKUテクノパークオフィスにご芳名を掲示します(承諾をいただいた方のみ)。
  • 学内デジタルサイネージに企業PR画像を掲載いたします(5口以上限定)。

会員様ご芳名

   

入会手続の流れ

    1.入会申込
     入会のお申し込みは、「入会申込書」に必要事項をご記入及び押印のうえ、申込書下部に記載の送付先宛に郵送ください。なお、会費ご入金の方法は申込書記載金額の一括銀行振込のみとさせていただきますのでご了承ください。
    2.受入
     入会申込書をお受けしましたら、本学で内容の確認後、ご担当者様宛に振込先口座等を記載した「寄附金振込のお願い」の文書をお送りいたします。なお、申込書をお受けしてから文書をお送りするまで2週間程度のお時間をいただきますのでご了承願います。
    3.会費のお振込み
     「お振込のお願い」が到着しましたら、最寄りの銀行等でお振込の手続をお願いいたします。なお、お振込先口座は文書で都度指定させていただきますのでご注意ください。
     また、本会への入会日は会費のご入金完了日とさせていただきますのでご了承ください。
    4.領収証等の送付
     入金確認後、本学より「寄附金領収書」をお送りいたします。
     個人の場合、併せて「寄附金受領証明書」及び「寄附金税額控除申告書」をお送りいたします。
   

会費に係る取扱い

本会の会費は全額「国際技学共同教育研究事業」へのご寄附として取扱させていただきます。
本学における寄附金制度については本学の寄附金制度について及び国立大学法人長岡技術科学大学寄附金経理事務取扱要項をご一読ください。

1.法人の場合
  1. 法人税法第37条第3項第2号に定める指定寄附金として取扱われますので、全額「損金」に算入できます。
  2. 「寄附金領収書」は、会費の入金が確認され次第、ご担当者様宛にお送りいたします。
2.個人の場合
  1. 暦年(1/1~12/31)中の会費総額のうち2千円を超えた額については、その超えた金額が当該暦年の課税所得から控除されます(ただし、年間総所得の40%が上限となります)。
  2. 課税所得控除手続は、会費を入金いただいた暦年の所得にかかる確定申告(翌暦年の2月中旬~3月中旬)で行っていただくことになります。
  3. 課税所得控除に必要な「寄附金領収書」は、会費の入金が確認され次第、お送りします。
   

個人情報の取り扱い

 ご提供いただいた個人情報は、その保護に適切な措置を講じたうえで、会費収受業務及び本事業に関連する情報の送付(広報誌・ニュースレター等の送付、企業説明会や国際産学連携活動報告会、海外ビジネス支援講演会等のイベントのご案内、ご継続のご案内等)のために使用させていただきます。

   

問い合わせ

問い合わせ先