新着情報

NEDO「産業技術研究助成事業」に環境・建設系 姫野准教授の研究テーマが採択されました。

2008.4.25

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成20年度第1回産業技術研究助成事業(若手研究グラント)に環境・建設系の姫野准教授が申請したテーマが採択されました。

【分野】
 環境エネルギー

【研究テーマ】
 超高性能CO2分離膜の創製と大型化による革新的CO2回収技術の開発

【研究概要】
 革新的な省エネルギーCO2回収技術用いた天然ガスや燃焼排ガス等からのCO2分離、分離回収したCO2による油田・ガス田の増進回収技術など高い省エネルギー効果、CO2削減効果を有する技術のブレークスルーが求められている。
 申請者らが開発したCO2とメタンや窒素などの気体との高い分離性能を発現するDDR型ゼオライト膜に対して、(1)擬似有機ポリマー層をコートした上にゼオライト層を合成後に、有機ポリマー層を消失させゼオライト層のみを超薄膜化することで、従来のゼオライト膜に比べ10倍以上透過速度を向上させるゼオライト膜製膜技術の開発および(2)大膜面積化を低コストで実現可能なステンレスネット上にゼオライト膜を合成するまったく新規のDDR型ゼオライトネットによる2種類の超高性能CO2分離膜の創製とそれらの大型膜モジュール化を実施する。後半には(3)天然ガス田からのCO2分離・回収実証実験を実施し、本技術の早期実用化へ向けた適用性、課題抽出を実施する。

NEDOのホームページにリンク