新着情報

本学 五十野善信 物質・材料系 教授が、日本レオロジー学会賞を受賞しました。

2008.6.3

 受賞の対象となったのは「高分子およびゴムの階層的構造ならびに非線形粘弾性に関する研究」で、五十野教授は、網目構造の大変形下での変化と回復による構造的非線形粘弾性及び共重合体の分子構造とモルフォルジーの関係について詳細な研究を行い、国内外で学術的に高く評価される成果を挙げました。

 なお、レオロジー(Rheology)とは、物質の流動と変形を取り扱う科学分野で、物質の複雑な力学挙動を分子論的、構造論的に解明し、それらの成果を工業に応用することにより、技術革新や製品性能の向上に役立てることを目的としています。

 表彰式は5月14日、日本ペイント東京事業所(品川区南品川)にて同学会の2008年総会において執り行われました。