新着情報

マザック財団の研究助成に採択されました。

2009.6.4

 マザック財団では、高度生産システムに関する生産技術、工作機械等の新技術開発を行っている研究者、大学等に助成を行っており、2008年度の研究助成に本学から2件の研究課題が採択されました。
 本学の採択者及び研究課題は次のとおりです。

【採択者】 機械系 明田川准教授
【研究課題】 同心円状回折格子干渉計を用いた工作機械軸受のラジアル・アキシャル・アンギュラモーションの高速高精度一括同時計測法の開発

【採択者】 電気系 大石教授
【研究課題】 反力オブザーバによる力センサレス力覚フィードバックに基づく堅牢で安価な工作機械の開発


平成21年6月1日付け日刊工業新聞に掲載されております。