新着情報

高等専門学校及び技術科学大学図書館情報シンポジウムを開催しました。

2009.9.1

 本学では、8月20日(木)から21日(金)までの2日間にわたり、「学術情報流通の現状を知る」をテーマに「第11回(平成21年度)高等専門学校及び技術科学大学図書館情報シンポジウム」を開催しました。
 第1日目は、全国の40高専の図書館関係者45名と共に新潟県大学図書館協議会加盟館の4大学(新潟大学、新潟医療福祉大学、新潟国際情報大学、長岡大学)から8名の参加者がありました。佐藤義則東北学院大学文学部教授による基調講演「学術情報流通の変化と図書館サービス」をはじめ、守屋文葉氏(東京大学)、内島秀樹氏(金沢大学)、小松 敬氏(津山高専)、米田奈穂氏(千葉大学)の各氏から「電子ジャーナルコンソーシアムは継続できるか」、「機関リポジトリとオープンアクセスの現在」、「岡山共同リポジトリ」、「変動する学術情報流通の中でのILL」についての講演及び事例報告が行われました。参加者からは、“学術情報に関しての全体を把握することができた”、“滅多に聞くことができない内容だったので勉強になった”等のご意見をいただき、好評裏に終了しました。
 また、第2日目は、データベース「J DreamⅡ」、電子ジャーナル「Science Direct、MathScinet」の提供元からそれぞれ講師を招き、29高専から31名の参加者に講習を行い、各々のスキルアップを図りました。


シンポジウムの様子

講習会の様子