新着情報

学務課 機械・工作技術班の井山徹郎技術職員が優秀論文賞を受賞しました。

2010.6.16

 マザック財団優秀論文賞は、高度生産システムに係る、生産技術、機械要素、情報通信技術、工作機械、ないしはロボットなど周辺機器の新技術の研究開発に関する論文のうち、若手研究者の優れた論文に対し、財団法人マザック財団が表彰を行っているものです。
 このたび、井山徹郎技術職員は、「チタン合金とニッケル合金の高速研削のための新しいダイヤモンド電着工具とその強制冷却システムの開発」と題する論文が評価され、受賞したものです。


表彰式の様子(写真左から3番目が井山技術職員)