新着情報

日経テクノルネサンス・ジャパン「旭化成賞」の最優秀賞に異分野チーム編成融合型グローバルリーダー養成コースAチームの受賞が決まりました。

2010.12.28

 日本経済新聞社主催の第3回「企業に研究開発してほしい未来の夢」アイデア・コンテスト(愛称:テクノルネサンス・ジャパン)において、異分野チーム編成融合型グローバルリーダー養成コースAチーム(電気電子情報工学専攻 野下裕市さん、同専攻 大橋正さん、材料開発工学専攻 井上太介さん、エネルギー・環境工学専攻 高野翼さん)が、「旭化成賞」の最優秀賞を受賞することになりました。
 このコンテストは、理工系学生の皆さんが日ごろの研究のなかで、思い描く「企業の最先端技術があればこんなことができるかも」「こんな製品があれば未来はすてきになるはず」というアイデアと企業の技術や事業を組み合わせたらどんな画期的なことができるかを考えるアイデア・コンテストです。

 本学の受賞者と受賞アイデアは次のとおりです。

 ■受賞名 「旭化成賞」 最優秀賞

 ■テーマ 「いのち」「くらし」を変える新素材
        ~健康、環境と共存する社会の創出~

 ■受賞者 異分野チーム編成融合型グローバルリーダー養成コースAチーム
        電気電子情報工学専攻   野下裕市さん
        電気電子情報工学専攻   大橋 正さん
        材料開発工学専攻      井上太介さん
        エネルギー・環境工学専攻 高野 翼さん

 ■受賞アイデア 「超小型低コストLED照明」


日経テクノルネサンス・ジャパン ホームページ
http://nikkei-techno.jp/index.html