新着情報

タイのチュラロンコン大学とのジョイントシンポジウムを開催しました。

2011.1.7

 平成22年12月23日(木)~24日(金)にバンコク市内のチュラロンコン大学(CU)キャンパスにおいて、CU理学部と本学との第1回ジョイントシンポジウムを開催しました。タイ側からはCU理学部の化学科、生物化学科、および材料科学科から多くの教員と学生が、本学からは教員および博士研究員の計7名が、それぞれ本シンポジウムに参加しました。
 初日はCU理学部長のSupot Hanningbua教授による開会挨拶の後に、CU理学部の化学科、生物化学科、材料科学科の学科紹介、および本学紹介に続いて、14件の口頭発表と18件のポスター発表が行われました。ポスター発表はすべてCU学生による発表で、関連分野の本学参加者と活発な議論が交わされました。
 第2日目の午前中は、CU理学部と本学の学術交流協定に基づいた研究と教育に関する今後の連携、特に博士後期課程におけるデュアルディグリープログラムの実施に向けた意見交換を中心に行い、その後に各学科の見学を行いました。同日午後は希望者にバンコク市内のエメラルド寺院ツアーを企画して頂きました。
 CUはタイ国内で最も歴史があるトップの大学です。研究および教育に関する交流をさらに深めることは、本学とCUにとって多大なメリットになるものと思います。本年9月末には本学において第2回目のジョイントシンポジウムを開催予定です。このシンポジウム開催を通じて、さらに本学とCUの学術交流が発展することを願っています。

ジョイントシンポジウムでの集合写真

材料科学科棟前での集合写真