新着情報

「青少年のための科学の祭典2010新潟県大会」に参加しました。

2011.1.14

 1月8日、9日の2日間、リージョンプラザ上越を会場に「青少年のための科学の祭典2010新潟県大会」が開催されました。本祭典は、次世代の科学技術時代を生きる子どもたちのために、科学に親しみ、興味関心を持ってもらうことを目的にしています。会場では、子どもたちに科学の不思議に「驚き」や「疑問」を感じてもらうとともに、実験・工作体験等を通じてその背景となる仕組みを理解してもらうなど、”一人ひとりがそれぞれ、科学の不思議を体験してもらう場”にするため、小中学校、高校、大学のほか様々な技術を持つ企業等がいっしょになって、工夫を凝らした多数の実験・工作教室、ステージショーなどを行いました。荒天にもかかわらず、2日間で5,640人の入場者で賑わいました。
 本学からは、電気系の2チームが参加しました。本学のブースを訪れた子どもたちは興味津々の面持ちで実験や工作に挑戦し、好評のうちに終了しました。

 ■演示テーマ:『2重振り子で「カオス」を体験!』
           カオス・フラクタル情報数理工学研究室
             中川匡弘教授、大橋 正、安倍大介、貝森晃司、広瀬耕平、
             佐瀬 巧

 ■演示テーマ:『身近な「ひかり」を時間とスペクトルで分解してみよう』
           レインボーチーム
             原田信弘教授、木村宗弘准教授、菊池崇志准教授、
             佐々木 徹助教、鹿野 暁文、宮本 卓也、綿引 孝充、
             高柳 翔、VU MANH KHA




本学PRブース

会場風景

カオス・フラクタル情報数理工学研究室の演示風景

レインボーチームの演示風景