新着情報

被災地へ救援物資を輸送しました。

2011.3.17

 3月17日に、斎藤秀俊副学長と河原成元准教授が救援物資を積載して、本学からトラックで東北地方太平洋沖地震の被災地に出発しました。目標として青森、岩手、宮城を想定し、現地の状況把握と各高専における運営状況と今後の予測について調査します。
 なお、斎藤副学長は災害支援のエキスパートであり、今後、本学が本格支援を実施するために必要となる的確な情報の収集が期待されます。

救援物資の積み込み