新着情報

環境・建設系 長井正嗣教授が土木学会田中賞(論文部門)を受賞しました。

2011.6.7

 長井正嗣教授が平成23年5月27日に土木学会田中賞(論文部門)を受賞しました。受賞の対象となった研究は「合成I桁の曲げ、せん断相関強度解明に関する実験的研究」です。田中賞は、1966年(昭和41年)より、橋梁・鋼構造工学に関する優れた業績に対して授与される土木学会賞です。賞には、研究業績部門、論文部門、作品部門の3部門がありますが、このうち、橋梁工学の発展に大きく寄与したと認められる論文、報告から選ばれる論文部門での受賞です。
 なお、長井正嗣教授の田中賞(論文部門)の受賞は、1977年度、2001年度、2006年度に続いて4度目となります。
 受賞内容の概要:合成I桁に曲げ、せん断が同時に作用する場合の終局挙動や強度を明らかにするとともに、曲げ強度、せん断強度ならびに相関強度の評価について考察を加え、設計手法を提案しました。我が国の設計法において、限界状態設計法へ移行が検討される中、本成果は新しい設計手法の構築に大きく貢献するものです。