新着情報

平成23年度第4回テクノ探検隊を実施しました。

2011.7.20

 平成23年7月16日(土)、探検テーマ「削ってみよう!切ってみよう!測ってみよう!」に5人の小学生が、本学機械系の「精密加工・機構研究室」と工作センターに潜入してきました。
 テクノ探検隊の隊員達は、ものづくりの手順を考えるため、作りたいもののイメージを紙に描いて、そのイメージを紙粘土を使ってドラえもん?、うさぎさんなどを作りながら、ものづくりや加工のイロハを楽しく学びました。
 また、超音波カッターを使っての体験では、厚い本を切ったときに、あまりにもスムーズな切れ味に驚きの声が上がりました。
 次に潜入した工作センターでは、見たことのない大きな機械をプログラムで動かしました。マシニングセンタで自動的に工具が変わり、物が削られたり、穴が開けらりたりすると目が釘付けになり、放電加工によるカマキリのメタルシートクラフトが出来上がったときには、思わず歓声が上がりました。
 この様ないろいろな体験や実技を通して、ものづくりの世界に潜入することができたひと時でした。
 隊員たちは、お土産にもらったメタルシートクラフトなど、帰ったら早速作るんだと暑さにも負けずに足取りも軽く、帰宅の途につきました。
 なお、この様子はエヌ・シィ・ティ(旧長岡ケーブルテレビ)にて次の日程で放送予定です。

放送日時(予定)
8月8日(月)午前4時30分~ 他

 また、次の本学ホームページにおいても、エヌ・シィ・ティの放送終了後(9月以降)インターネット放送で見ることができます。

テクノ探検隊インターネット放送
http://oberon.nagaokaut.ac.jp/techno/index.htm

紙粘土工作をする探検隊 メタルシートクラフトを手にする探検隊
マシニングセンタ加工をのぞき込む探検隊 超音波カッターを体験する隊員