新着情報

セインズマレーシア大学と合同シンポジウムを開催しました。

2011.10.25

 平成23年10月17日(月)にマレーシア・ペナン島のセインズマレーシア大学(USM)メインキャンパスにおいて、USMと本学との第1回ジョイントセミナーを開催しました。
 USMからは理学部および工学部から数多くの教員と学生が、日本からは本学の教員等の計17名が本ジョイントセミナーに参加しました。
 本シンポジウムは、USM材料資源工学科長のAhmad Fauzi Mohd Noor教授及び本学塩見友雄物質・材料系長の挨拶ののち、34件の口頭発表と19件のポスター発表が行われました。
 また、セミナー翌日10月18日には、USMと本学の学術交流協定に基づいた研究と教育に関する今後の連携に向けた意見交換、USMの施設見学等を行いました。
 本学とUSMは、平成17年に学術交流協定を締結以来、学生や教員の交流など活発な国際交流活動を行っています。