新着情報

平成23年度第7回テクノ探検隊を実施しました。

2011.10.26

 平成23年10月22日(土)、探検テーマ「エネルギーについて考えてみよう~アルコールで電気が取り出せる!?」に4人の小学生が、本学の「ケミカルデバイス研究室」に潜入してきました。
 その後、実験室においてテクノ探検隊の面々は白衣に身を包み、ゴーグルをかけて、アルコールと水素燃料電池の中はどうなっているのかを知るために、分解・組立作業を行いました。
 無事に組み立てられたかをプロペラの回転で確認するときには、隊員たちは固唾をのんで見守り、プロペラが回ったときには拍手が起きました。
 最後にレモンを使った電池でLEDの発光実験を行い、赤と青とでは赤色のLEDが明るく点灯することを発見しました。
 隊員たちは、燃料電池から水ができることなどの体験を通して知ることができ、科学の楽しさを満喫したようでした。
 なお、この様子は「エヌ・シィ・ティ」にて次の日程で放送予定です。

放送日時(予定)
11月8日(火)午後4時30分~    他

 また、次の本学ホームページにおいても、エヌ・シィ・ティの放送終了後(12月以降)インターネット放送で見ることができます。

テクノ探検隊インターネット放送
http://oberon.nagaokaut.ac.jp/techno/index.htm

真剣に説明を聞く隊員達 燃料電池の分解・組立に挑戦