新着情報

服部賢元学長(現 名誉教授)が瑞宝中綬章を受章しました。

2011.11.10

 本学の服部元学長が平成23年度秋の叙勲において、永年の教育研究功労により、瑞宝中綬章を受章しました。伝達式は11月10日に行われました。
 服部元学長は、昭和38年5月東京工業大学助手に採用後、昭和53年4月本学助教授、平成7年9月本学副学長、平成9年9月からの6年間は本学の学長に就任し、退官するまで永年にわたり教育研究及び大学の運営に貢献されました。
 また、服部元学長は機械工学の熱工学分野において、相変化をともなう熱伝導問題の数値解法、ヒートポンプの有効利用、雪処理・雪利用システムなどに関する広範囲な研究・開発を行い、その成果として、汎用性のある数値解法を構築するとともに、冷凍・空調を主とした低温度エネルギー利用の領域における学問および産業の広い分野の発展に尽力されました。日本熱物性学会の発展に顕著な貢献をしたことにより、平成14年に「日本熱物性学会賞功労賞」を受賞しています。