新着情報

物質・材料系 河原成元准教授が高分子学会Wiley賞を受賞しました。

2011.11.15

 河原成元准教授が、高分子学会Wiley賞を受賞しました。受賞の対象となった論文は、「天然ゴムのナノマトリックス構造と物性」です。高分子学会Wiley賞は、申請時45歳以下の同会会員で、高分子化学全領域に於いて、独創的かつ優れた研究成果を挙げ、研究業績の進展が特に著しいと認められる研究者個人に授与されます。
 受賞内容の概要:「なぜ天然ゴムが合成ゴムよりも優れた物性を示すのか」という長年の謎を解明しました。植物資源由来の天然ゴムが天然ゴム粒子と非ゴム成分からなる階層構造を形成していることを見出し、この構造の物性への効果を検討し報告しました。

写真右側より河原准教授、高分子学会会長 片岡一則氏