新着情報

平成23年度第8回テクノ探検隊の収録が行われました。

2011.12.02

 地元の小学生が、本学の最先端技術に隠された謎を解くために結成された「テクノ探検隊」に扮し、本学の研究室に潜入して、様々な科学の謎を解いていくシリーズ番組、「テクノ探検隊」(放送局 エヌ・シィ・ティ)の収録が、11月27日(日)に本学で行われました。
 第8回となる今回のテーマは「プラズマって何だろう?」です。
 極限エネルギー密度工学研究センターと電気系プラズマ力学研究室に潜入した隊員達。最初は「プラズマ」と聞いて、頭の中が「?」マークだらけの表情だった隊員達も佐々木助教から説明を受け、蛍光灯などプラズマを用いた物が身の回りに多くあって、普段の生活に役立っていることを知り、次第に興味を示していたようでした。
 また、各々作成したプラズマスコープで蛍光灯や太陽の光を見て、分光による疑似オーロラウォッチング体験?をしたり、水素プラズマや窒素プラズマなど、実際にプラズマを触るという体験をした隊員達は、本学研究室でまた一つ科学の謎を解いたのでした。
 なお、この様子は「エヌ・シィ・ティ」にて次の日程で放送予定です。

放送日時(予定)
12月12日(月)午後4時30分~    他

 また、次の本学ホームページにおいても、エヌ・シィ・ティの放送終了後(1月以降)インターネット放送で見ることができます。

テクノ探検隊インターネット放送
http://oberon.nagaokaut.ac.jp/techno/index.htm

まずは「プラズマ」のお勉強 プラズマスコープで蛍光灯のプラズマをウォッチ
プラズマを触っちゃったぞ プラズマの謎を解いた隊員達