新着情報

「第1回国際技学カンファレンスin長岡」を開催しました。

2012.02.10

 2月3日(金)から5日(日)に、本学を会場として「第1回国際技学カンファレンスin長岡」が開催されました。
 本会議は、「技学(GIGAKU)を世界の共通語に」との思いを込めて開催された国際会議であり、「技学」発祥の地である本学を会場として、「技学」という共通のキーワードの下、世界16ヶ国からの参加者を得て盛大に開催されました。
 会議では、冒頭、カンファレンス実行委員長である本学新原学長より開会の挨拶ののち、新原学長及び3名のゲストスピーカーによる基調講演が行われました。その後、「ものづくりと技学」「技学の国際連携」「技学によるイノベーション」「技学と地域連携」「技学教育の実践」の5つの分科会に別れてテーマに沿った口頭発表、ポスター発表が行われました。各会場において幅広い分野について非常に活発な討議が行われていました。
 また、本会議に合わせて、ダイハツ工業(株)が昨年の東京モーターショーで発表した燃料電池車(コンセプトカー)「FC商CASE」が会場内に展示され、開発担当者の説明に多く参加者が熱心に聞き入り、大変盛況な展示会となりました。

基調講演の様子① 基調講演の様子②
分科会の様子 ポスター発表の様子
燃料電池車コンセプトカーの展示