新着情報

平成23年度第12回テクノ探検隊の収録が行われました。

2012.03.21

 地元の小学生が、本学の最先端技術に隠された謎を解くために結成された「テクノ探検隊」に扮し、本学の研究室に潜入して、様々な科学の謎を解いていくシリーズ番組、「テクノ探検隊」(放送局 エヌ・シィ・ティ)の収録が、3月17日(土)に本学eラーニング研究実践センターで行われました。
 第12回となる今回のテーマは「アバターで遊ぼう」です。自分の表情でコンピュータの中にいる自分のアバターの感情をコントロールするバーチャルワールドの体験に6名の隊員たちが挑んでくれました。
 まず、経営情報系 中平勝子助教の説明、本学でこの研究に取り組んでいる経営情報システム工学専攻2年のスリランカからの留学生、アサンカ・ダルシャナ・ダルマワンサさんの英語での説明で、本日のミッションを頭に入れた隊員たち。いよいよバーチャルワールドへの旅立ちです。
 それぞれが、思い思いにコンピュータの中の自分のアバターに笑いかけたり、怒ったり、驚いたり。隊員の表情に合わせて表情を変えるアバターに隊員も夢中です。
 未来の世界をちょっとだけ覗いた隊員たちは、満足そうな表情でミッションを完了しました。

 なお、この様子は「エヌ・シィ・ティ」にて次の日程で放送予定です。

放送日時(予定)
4月10日(火)午後6時00分~    他

 また、次の本学ホームページにおいても、エヌ・シィ・ティの放送終了後(5月以降)インターネット放送で見ることができます。

テクノ探検隊インターネット放送
http://oberon.nagaokaut.ac.jp/techno/index.htm

中平助教、アサンカ・ダルシャナ・ダルマワンサさんの説明に聞き入る隊員たち 自分の表情でコンピュータの中のアバターを動かす隊員