新着情報

戸田育民 産学官連携研究員が日本MRS学術シンポジウム セッション特別賞を受賞しました。

2012.04.24

 物質・材料系 戸田育民産学官連携研究員が第21回日本MRS学術シンポジウム・セッションN「バイオマス利用の最近の進歩」にてセッション特別賞を受賞しました。この賞は、一般の36歳未満(社会人含む)の優秀な研究・発表を行った研究者に贈られるものです。
 受賞の対象となった発表題目は「水素吸蔵能力における活性炭のメソ孔構造の影響」です。本発表の研究内容、着眼点がユニークであることが評価され、バイオマス原料から合成された活性炭が水素貯蔵材料として実用化されることを期待され、受賞に至りました。