新着情報

竹下宏樹助教が第3回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞を受賞しました。

2012.06.22

 物質・材料系 竹下宏樹助教が日本ゴム協会第3回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞を受賞しました。受賞の対象となった研究は「結晶性および液晶性成分を含む高分子多成分系の相構造形成」です。この賞は、ゴム技術・ゴム産業の更なる発展を期し、ゴム研究者の拡大と育成を計ることを目的として(一社)日本ゴム協会により創設されたものです。授賞式は、日本ゴム協会年次大会・定時社員総会に合わせて、5月24日に京都大学桂キャンパスにおいて行われました。
【受賞内容の概要】
 ゴムやプラスチック等の高分子材料においては、複数の成分を組み合わせることにより性能向上がはかられています。そこでは、材料の内部構造のサイズや形態をいかに制御するかが重要な課題です。竹下助教の研究は、結晶性および液晶性の成分を含む高分子材料の構造をナノメートルスケールで制御するための有用な指針を与えたことが評価されました。