新着情報

小林高臣教授と明田川正人教授が第65回新潟日報文化賞を受賞しました。

2012.11.06

 新潟日報文化賞は、県勢の伸長と県民生活の福祉に貢献することを目的に1948年度に制定、「産学技術」、「学術」、「芸術」、「社会活動」の四部門で地域の振興に顕著な業績をあげた方に贈られます。

【産業技術部門】

 物質・材料系 小林教授が、第65回新潟日報文化賞(産業技術部門)を受賞しました。受賞の対象となった研究は「持続型環境保全の為に有効な環境汚染物質を吸着除去できるシステムの開発と実用化展開」です。

 環境負担を抑えて有害物質を取り除く吸着素材を、身近な材料から作ることに成功し、その実用化も可能としました。廃水の浄化とホウ素の除去、放射性セシウムの吸着を可能にし、浄化装置などに実用化されたことなどが評価されました。

【学術部門】

 機械系 明田川教授が、第65回新潟日報文化賞(学術部門)を受賞しました。受賞の対象となった研究成果は「サブナノメートル・ピコメートル計測制御」です。

 加工や製品の誤差を見つけるには1ナノメートル以下の長さを計測する技術が求められる中、原子レベルでの安定した高精度計測方法を開発したことが評価されました。

 授賞式は、11月1日にホテルオークラ新潟において行われました。

小林教授

小林高臣教授

明田川教授

明田川正人教授