新着情報

柏崎刈羽原子力防災センターにおいて危機管理ロールプレイングを実施しました。

2012.12.27

 2012年12月18日(火)に、三上喜貴教授の講義「技術者倫理」の一環として、新潟県柏崎刈羽原子力防災センター(オフサイトセンター)で危機管理ロールプレイングを行いました。

 冬季の地震と津波により柏崎刈羽原子力発電所が被災したとの想定で、防災計画の広報を行う演習を行いました。学生を総括、住民安全、広報班に分け、時間通りに多くの人を動かすため、班長の責任、ホワイトボードの使い方、広報での留意事項を学びました。

 本ロールプレイングは、講師の原子力規制委員会岡野潔様、新潟県防災局原子力安全対策課のご尽力により行われました。ここに感謝いたします。

 また、平成24年度「国際原子力人材育成イニシアティブ事業」(文部科学省)において、本学が提案した「原子力発電リスク認識のための中学-高専-大学院高度連携教育」が採択され、この事業の一環として実施しています。

避難誘導の演習

総括班、住民安全班、広報班に分かれ避難誘導の演習

ホワイトボードの使い方

ホワイトボードの使い方

模擬記者会見の様子

模擬記者会見の様子